ありがとう


2005年3月31日
ひとりの技術者が丸文特装部を去りました。

名前はSさん。
特装部において福祉車の開発を製造技術面で支え続けてくれた人でした。
10年前、当時誰もが不可能だと思っていたモノコックボディの改造を、大胆な発想と卓越した溶接技術で成し遂げ、軽福祉車両の世界を切り開いてくれたパイオニア技術者でした。
特装部最年長であり、温和な人柄と確かな技術力で多くの若手技術者を育成してくれた人でした。
別れ際、ひとりの若手技術者にあなたが掛けてくれた言葉を私たちは忘れません。

「がんばれよ、あんたは大きくなれる。」

ありがとう、Sさん。いつまでもお元気で!

2005年3月31日 特装部一同